台所シンクをピカピカに!

白く見える台所シンクの掃除方法

シンクのキッチンは使用してると必ず汚れますよね。

シンクの白く濁って見える部分は、ミネラル分や石鹸カスなどの汚れです。
この汚れはスポンジでゴシゴシこすってもなかなか落ちませんが、ある方法でピカピカにすることができます。

用意するものは、たわし、重曹(粉状か液体があるのですが、個人的には粉状をオススメ)、スプレータイプのクエン酸、消しゴムスポンジ(メラミンスポンジ)です。

重曹は、料理等で使用するのが一般的ですが、実は様々な用途で使用可能なお助けアイテムです。
シンクの汚れや、カビに対しても、絶大な効果で落としてくれるので、非常に頼もしい存在です。

入手も簡単で、コスト面に関しても安く、主婦にとっては救世主と言えるのではないでしょうか。
また洗剤等で手が荒れる方にもオススメなので、備えておくと何かと便利に利用できるでしょう。

掃除の手順ですが、まず初めに重曹をふりかけるので、先にシンクを全体的に水であらかじめ濡らしておくことをオススメします。
重曹はあまり振りかけないように注意して、うっすらで問題ありません。

そして重曹を振りかけた部分に、クエン酸のスプレーをすると泡立ちます。

この時注意ですが、重曹が振りかけられてない範囲は泡立たないので、もし泡立たない場所があればその場所に追加で重曹を振りかければ問題ありません。

その後約30~40分放置します。

重曹とクエン酸の力でシンクをピカピカにしてくれますので、時間が経てば水で流しても問題ありません。

これだけでもピカピカになるのですが、それでも落ちない汚れも出てきます。

落ちてない部分が残った場合は、消しゴムスポンジを使ってシンクを磨くとキレイになります。
基本的に月に1度くらいのペースで掃除してあげましょう。

カビやヌメリで汚くなった排水口の掃除方法

排水口やゴミ取りカゴは、なかなか掃除に手をつけたくないと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
どうしても汚れが溜まりやすい場所ですが、見えづらい部分なので掃除を後回しにしてしまうなんてことも。

しかし放置しているとカビが発生したり、そのせいで目も当てられないような状態になってしまいます。
衛生面でもよくないので、排水口付近もできるだけ綺麗な状態にしておきたいですね。

そこで、ここでも重曹を使用して、掃除をしてみましょう!

掃除方法も簡単で、汚れが気になる場所やゴミ取りカゴに重曹を一振りして、ブラシなどで磨いてみましょう。
ブラシは捨てる歯ブラシなどで大丈夫です。
隅まで入り込むようにしっかりこすって、最後に水で流します。

すると驚くほど汚れが落ちるのでびっくりするのではないでしょうか。

どうしても落ちない頑固な汚れの場合は、クエン酸を加えてみるともっと強力に落とせるでしょう。
クエン酸もホームセンター等でも簡単に購入できるので、重曹とペアで使用してください。

今まで諦めていた汚れや触りたくないヌメヌメも、簡単に落とす事が可能ですよ。

台所シンクの排水管が詰まったら

キッチンのシンクは毎日料理の時などに使用するものですが、それが詰まってしまったら大変ですよね。

そんなシンクの排水口や排水管が詰まった時に、対処するための方法をいくつか簡単に紹介します。

一番ポピュラーなやり方としては市販のパイプクリーナーを使う方法です。
スーパーなどでも普通に買えるものですから一番身近なものと言っても良いでしょう。
使い方は排水口のフタやトラップを外して、後は流し入れるだけですからとても簡単です。

トイレの詰まりを直すためにラバーカップという道具がありますが、それは排水管の詰まり解消にも使うことが出来るんです。
その場合は排水口を覆うようにかぶせて、トイレと同じように押し込んだりひっぱったりを繰り返します。
仕組みはトイレの場合と同じでラバーカップの力で詰まっているものを引き出し、水の流れを正常にするという具合です。

それでも改善が見込めない時にはワイヤーブラシという物がお薦めです。
名前の通り先端部分にブラシの付いたワイヤーで、排水管の奥の方まで洗浄することが出来るようになっています。

このように詰まりの解消法が色々ありますが、「自分で直せるかちょっと自信がない…」という方は、お気軽に弊社にご依頼くださいね。
いつでもすぐに駆け付けて解決させていただきます。

このページの先頭へ